最近は、無料のアプリのおかげで何でも無料が当たり前だと思っている人が多いように感じる

携帯電話が世の中を席巻し始めた頃より、色んなサービスに無料で○○と言うのが増えてきた気がします。

無料で○○がもらえたり出来る背景にあるのが、そのサイトに貼ってある広告からの収入が無料でもやっていける理由なのだそう。

ただ、特に問題視されているのが音楽で、実際に作っている人にしっかりと著作権料などが入っているのか?と突き詰めていくと、どうやらそうではないみたい。

最近、いや結構前から問題になっている、音楽の著作権料を徴収しているJASRACと言う団体だけど、実は徴収はしているけど各楽曲作曲者などにその著作権料が振り込まれていないと言う現状があるみたいですね。

つまり、著作権料を振りかざしつつボロ儲けをしている団体と言うこと。

なんだかね・・・

そういう、権力を振りかざして設けている団体が大手を振って歩いている現状で、無料で音楽を配信しているサービスもあったりするので、当然楽曲を提供しているミュージシャンが儲かる訳がないじゃない。

だから大好きだった有名なミュージシャンたちが新曲も作らなくなってしまう・・・

なので、無料で音楽が聞けて便利だな~と思ったら、時々はその楽曲の作者に1円も入っていない可能性も考えてみて欲しいと思います。

そして、出来れば有料で曲を購入してから聞く様にしてほしいですね。